スカイマークの子供料金について

年齢区分も細かい

スカイマークに幼児連れで搭乗スカイマークは子供料金はあるの?

スカイマークの子供料金 / 意外とややこしい / 年齢区分も細かい

そういう意味では、この子供運賃というのは利用できる年齢の下限が3歳と限定されているものではありません。
ただしあくまでも一人で座れることが前提で、まだ首もすわらないような乳児を座席に一人で乗せることはできません。
また、ここでいう年齢とは搭乗時の年齢のことを指します。
予約時の年齢ではありません。
もちろん人によって体格に差はあるわけですがそれを言い出すと切りがありませんし現実問題として区分は不可能ですから単に年齢だけとなっています。
なお、子供料金に関してもう一つ気になることは、子供一人で搭乗することはできるのかどうかということでしょう。
常識的に物を考えて3歳の子供が一人で飛行機に搭乗するようなことは考えられません。
一方で11歳であればもう中学生も間近であり、これは逆に一人での搭乗も十分にできる年齢でしょうから、子供運賃が適用される年齢ではあっても一人での搭乗が認められるかどうかには差があるだろうと推測できます。
実際にもそのとおりで、スカイマークでは8歳以上であれば特に制限もなく大人と同様に子供一人で搭乗することができます。
そして、制限はあるものの6歳から7歳の子供でもスカイキッズと呼ばれるサービスを活用することで一人での搭乗を認めています。
具体的には、出発時に空港まで見送りの大人が連れてくることと、到着空港でも同様に大人が空港が引き取りに来ることです。
また、それに関係する書類を提出したり、署名を求められたりすることになります。